クレジットカードの現金化にも注意しよう

最近は減りつつありますが、2~3年前まではクレジットカードの現金化が行われていました。
貸金業者からお金を借りられない方でも、クレジットカードを持っていることは多いでしょう。
現金化とはクレジット枠で買い物をして、それを現金化業者に売却することで現金を受け取るものです。
還元率90%の場合は、100万円の買い物に対して90万円の現金を受け取ることができます。
しかし、100万円分のカードを使ったわけですから、その返済請求は自分に来ます。
利息の支払いも必須になるので、結果的にヤミ金並みの高金利で借りるのと同じことになります。

ノンバンクや国の制度を利用しない場合の起業の事業資金調達は

貸金業者から起業の事業資金調達で借り入れる際には、その金融商品の申込条件に「事業性資金を除く」が入っていないものを選ばなければなりません。近頃では貸金業者も銀行との提携によって潤沢な資金を得ている業者も多く、貸付限度額が大きなものも見られます。充分に起業の事業資金調達に使えそうなものもありますが、事業性資金を除く条件があれば使えません。また貸金業者が守るべき法律に総量規制がありますので、充分な額が借りられない可能性が高くなります。その時点ですでに勤め先を開業のためにやめていれば、無収入ですのでそのことからも利用できません。また利息が一様に高く、事業性資金の借り入れにしては不向きです。商工ローンなどが行っている事業性資金に特化している商品であれば、貸金業者であっても総量規制は関係なく、一般的なローン商品よりも金利が低めです。制度融資や日本政策金融公庫よりも高めですが、審査と融資実行までの期間はスピーディーです。事業資金調達の借り入れは、自分の状況に応じて申し込む先を判断することが成功には絶対不可欠です。もし担保にできるような不動産を持っているのであれば、それを利用する方法も有効です。

銀行の激甘審査の仕組みと噂

銀行がどうして激甘審査なのかというと、この仕組みは非常に簡単であり収入証明不要で申し込めるからです。限度額100万など、それなりに大きな限度額でも、その限度額までなら身分証明だけで申込むことが出来るという内容であり、こうして申し込みをした場合に審査の中で書類から自分の返済能力をチェックされることがありません。これによって、返済能力はあまり重要ではないことが推測され、かなり簡単に合格出来ます。これは単なる噂のレベルではなく、名前の通り収入証明が不要なので、これは本当にかなり使える現実的なレベルと認識しておきましょう。言葉としては収入系の書類を出さなくて良いという意味ですが、この内容の最大のメリットは年収を重視されないことです。ここをしっかりと抑えておきましょう。また、書類が簡単になるという点も収入証明を用意出来ない状態で今から即日融資の申込をするとなれば、基本的に申し込める会社の今すぐお金を借りる選択肢はかなり狭くなってきます。やはり、そんな時に真っ先に申込先の候補となるのは、この銀行の収入証明不要となってきます。さらには銀行なので金利も期待できますし、これはかなり実用的なレベルの魅力ある融資です。